第35回学術講演会が開催されました

2019年10月5日(土)産業技術総合研究所臨海副都心センターで第35回学術講演会が開催されました

開催日時(2019年10月5日(土) 12時30分~)
会場(国立研究開発法人 産業技術総合研究所 臨海副都心センター)
ゆりかもめテレコムセンター駅から3分、別館11階。会場の詳細はこちらから(pdf)
世話人 丹羽一樹先生

研究案内ポスター 』はこちら(pdf)

主催:生物発光化学発光研究会

協賛:日本薬学会,日本化学会,日本分析化学会,有機合成化学協会,日本臨床化学会

後援:日本農芸化学会

会期:2019年10月5日(土) 12時30分~

会場:国立研究開発法人 産業技術総合研究所 臨海副都心センター

  • 東京都江東区青海2-4-7
  • 〔交通〕ゆりかもめ「テレコムセンター」駅下車徒歩3分

参加申込締切:定員(100名)になり次第(9月25日まで受付)

本研究会は,発光法(生物発光,化学発光,蛍光など)に関する基礎と応用についての討論の場を提供し,情報・意見交換を通じて発光法の研究と 普及,交流促進を目指した研究会です。発光法についての招待講演とポスター発表が行われました。

【招待講演】 アミノキノリン誘導体の発光特性

唐澤 悟   昭和薬科大学薬学部

【依頼講演】 生命科学研究を志向してホタル生物発光反応を進化させる

岩野 智  理化学研究所脳神経科学研究センター

【依頼講演】 簡便な発光分析法のための試薬開発

中園 学  九州大学大学院薬学研究院

【招待講演】 細菌生物発光および発光細菌研究から生まれた化学発光

柄谷 肇  一般社団法人京都光科学研究所、京都工芸繊維大学

【特別講演】 Biodetoxification, Biosynthesis and Bioluminescence from Phenolic Toxicants: Three applications in a One-Pot Reaction

Pimchai Chaiyen  Professor and Dean, School of Biomolecular Science and Engineering, Vidyasirimedhi Institute of Science and Technology (VISTEC), Thailand


ポスター発表申込方法(終了いたしました):

既定様式の要旨(A4版1枚,ワードファイルとpdfファイルの両方)を添えて,必要事項[講演題目,発表者氏名(全員),所属,連絡先(E-Mailアドレス必須)]を明記の上,8月30日(金)までにE-Mailにてお申し込みください。『要旨の様式』はこちら。

参加費:JABC会員(協賛・後援学協会会員)2,000円,非会員5,000円,学生無料。

懇親会費:5,000円(予定),学生無料。

参加申込方法:氏名,所属,連絡先(E-Mailアドレス必須)を明記の上,E-Mailにて下記アドレスまでお申し込みください(9月25日まで受付)。

申込先・問合先:

世話人 産業技術総合研究所 丹羽一樹
電話 029-861-4249
E-Mail: niwa-k@aist.go.jp
http://www.blcl-ja.com/